サカイのブログsakai's blog

縁なし+透き通ったプラスチック THE291 RAPTUM R-408-3

個性的なプラスチックテンプルが特徴の、THE291 RAPTUMシリーズから、2つ目のご紹介。
縁なしメガネの、RAPTUM R-408-3です。

THE291 RAPTUM R-408-3

前から見るとスッキリとした印象ですが、RAPTUMシリーズの特徴である幾何学模様のテンプルが強い個性を主張しています。

個性的なプラスチックテンプル

主に女性向けのデザインではあると思いますが、小顔の方なら男性でもお選びいただけると思います。
色違いでブルー系とグリーン系が出ているんですが、個人的な好みで言えば男性にはグリーンがいいかもしれません。

赤と黒のツートンカラーが印象的なチタンフレーム KISARA KS-503

鯖江のブランド・THE291から、KISARA KS-503というチタンフレームのご紹介です。
KISARA(きさら)というブランド名は、漢字だと「粋更」。うーん、まさに粋でおしゃれなネーミング!

kisara KS-503

スッとした細身のデザインで、顔全体にシャープな印象を与えてくれます。
レンズの、この独特の形もスタイリッシュさの演出に一役買っています。
このフレームで少し小顔に見えるかも??

細身でシャープなチタンフレーム

メガネ屋スタッフの釣り日記(NO.3)

今回の釣りは3人で、とあるA川に行ってきました。この川は毎年1回は訪れる所なのですが、人気の川なのでフライマンも多くタイミングが合わないと先行者が居るため、なかなか良い条件での釣りが出来ないのが現状です。

今日はタイミングが良く朝一番で入る事ができました。上流から本命の上流から入ったのですが結果はイマイチ。アッと言う間に正午になったので散々考えた結果、下流を攻めることに決まりもう一度仕切り直しです!

昼からはポイントを変更した結果、釣果は良好!各ポイントか良型のイワナが顔を出してくれます。そしてイブニングの時間になり、辺りも薄暗くなった時に本日最高の尺イワナをゲット!今回のヒットフライはアダムスパラシュートとCDCカディスでした。

本日、使用した偏光サングラスは「コダックのクリムソンピンク」です。前回のオークリー(VR28ポラ)よりも赤みがありますがその分、可視光線透過率が良いため夕方のイブニングまで何とかフライを認識する事ができましたよ。特にダンカラーや白系のインジケーターを使用する方には最適だと思います。

 

幾何学模様が個性的なTHE291・RAPTUM R-407-2

「普通のメガネはちょっとなー、でもあんまり奇抜なものも・・・」という方にオススメの、THE291 RAPTUM R-407-2です。

RAPTUM R-407-2 正面からは一見メタルフレームっぽく見えるのですが
斜め・横から見ると、テンプル部分の個性が際立ちます。
»続きを読む

洗練された印象のフランス産メガネ・HENRY JULLIEN(アンリ ジュリアン)ASPHALT

ここまで国産のメガネをご紹介してきましたが、今日はメイド・イン・フランスの品をかけてみました。

HENRY JULLIEN(アンリ ジュリアン)ASPHALT  HENRY JULLIEN(アンリ ジュリアン)はフランスのメガネブランドで、上品で洗練された印象、高級感のある感じが特徴です。
»続きを読む

1 57 58 59 60 61 62
  • メガネのサカイ ブログ

キーワードでブログ内を検索

▲Pagetop